色のエッセイ №1 「今こそカラフルに」2012年02月02日


この冬ほど、春の待たれる年はありませんね。
春を呼び寄せたくて、一足先にブログの衣替え。
春らしくない? 
私は秋の色が好きなもので……。カラーセラピストにも、春夏秋冬の色の中では、迷わず「秋色です!」と診断されました。
「北欧モダン」という名のこのデザイン、春の息吹きを感じませんか。

******************************************************

   今こそカラフルに

 
 私の母は、スープの冷めない距離に住んでいる。昨年の春、米寿を迎えた。
 趣味は編み物。ピンク、藤色、空色、淡いグリーン、ラメの混じったベージュ……。黒や茶色のような地味な色は好まない。
 母の娘時代は、おしゃれどころか、地味な着物をほどいてモンペを作って履いていたのである。戦争一色だった。黒い布を電灯にかぶせたように、世の中は暗く覆われていた。
 そのころを取り戻すかのように、今こそ母は、おしゃれを楽しんでいるのだ。

 最近、私はジェルネイルという爪のおしゃれを始めた。ラメやクリスタルなどを取り入れて、マニキュアより華やかで長持ちする。ごつい指を人目にさらすのが嫌だったが、あまり気にならなくなった。
 きれいでしょ、と母に見せると、
「私もやってもらおうかしら」と言いだした。が、すぐに「でも、こんなおばあさんじゃねえ……」と撤回する。
 翌日も同じ会話を繰り返した。本当は試してみたいのだろう。
 思い切って母をネイリストのところへ連れていった。あまり派手なのは恥ずかしい、と言うので、桜貝のようなピンク色に、小花をあしらってもらった。
 数日たってから、反響はいかが?と聞いてみた。

「だれも気がついてくれない。気づいても、こんなおばあさんのしわくちゃの手なのに……って思われてるのかも」
「だからこそ明るい色を差して、きれいにしたらいいのよ」
 それは、母への気休めではなく、老いへ向かう私自身の気持ちでもある。
「でもね、編み物してると、楽しいわ」
 ちょうど、えんじ色のカーディガンを編んでいる。指先のリズミカルな動きでネイルがきらめき、ピンクとえんじ、二つの同系色の色合いがとてもきれいだという。
 だれかに見せるためではなく、自分が楽しめればそれが一番。色の消えた若いころを埋め合わせるように、母の人生のフィナーレを、今年もカラフルに彩ってあげようと思った。

*************************************************

今月13日、母は89歳の誕生日を迎えます。

それではここで、母のネイルをこっそり初公開……!
(シールの上でクリックしてください)
母のネイル



コメント

_ suzuking ― 2012/02/02 14:06

クリックしてびっくり!わはは、でした。
わはは、は効果音ですよ、お母さまのネイルは素敵じゃないですか。
とてもこのお歳のおばあちゃまの指先とは思えない。
たくさんおしゃれをしてたくさん素敵なものを作ってくださると
良いですねー。
いつもほろりとさせられますが、今回はがぜん元気になりました。
模様替えの効果もあったのかしら。次も楽しみにしてます!

_ hitomi ― 2012/02/03 15:34

ね、サプライズだったでしょ、音が。この仕掛け、ずっと使いたいと思ってたんです。
母は、まだまだ80代ですものね、この先もずっと元気で頑張ってもらいたいです。
いつも応援ありがとう。

_ (未記入) ― 2012/02/03 20:48

絆創膏はがしたらそこにババちゃまのお手てがありました!
ホント、わははでした。

_ hitomi ― 2012/02/06 21:36

世の中のおばあさまがたが、みんなネイルをしたら楽しくなるのにね。

_ 村上 好 ― 2014/11/09 15:04

hitomi さん

母と娘の時間。こころあたたまります。

お母さんの指がとても若々しいですね。ネイルの色がきれいです。

いい娘さんをもたれ、お母さんは幸せだと思います。

村上 好

_ hitomi ― 2014/11/10 18:29

村上さん、
この年になると、もう〈何でもあり!〉の心境ですね。母も私も。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2012/02/02/6316089/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki