モトの誕生日に2012年10月02日

 
 

 9月29日は、長男の26歳の誕生日。
 お祝いは、家族の都合で、翌日30日の夜に、去年と同じ二子玉川のレストランで食事をする予定にしていました。

 息子は自閉症です。その障がいの特性から、よく言えば几帳面なのですが、時間やスケジュールへのこだわりが強く、きちんと予定が立っていないのを一番嫌がります。まして、急な変更や、突発的な出来事が大の苦手。すべてが予定どおりに粛々と過ぎていくことを何より平和に感じているようです。

 そういうわけで、本人はきちんと29日当日に誕生会をやりたかったに違いない。でもそこは、我慢。なぜなら、家族5人+祖母が全員そろうことが、彼にとってお誕生日の正しいありかた。1人でもそろわないと落ち着かないのでその翌日で妥協してくれたのでしょう。

 ところが、誕生日が近づくとともに、台風17号も近づいてきた。さあ、大変。
 レストランは、自宅から20分でも、電車で4つ目の駅です。嵐の中出かけていくのはちょっとキビシイ。昨年は台風で電車が止まったこともありました。
 モトも私も、台風の動きがおおいに気になる毎日……。
 それてほしい願いもむなしく、30日の朝には、「関東地方は今日の18時ごろから暴風雨圏内に入ります」という予報で、ついにレストラン行きを断念せざるをえませんでした。
 モトはもっと悲しむかと思いきや、意外とあっさり中止を受け入れてくれました。中止の理由は台風襲来のため。それがはっきりしていれば、諦められる。そこまで大人になったのです。

 急きょホームパーティに変更です。
 台風の来る前に買い出しに行き、わが家のもう一人のシェフである夫と二人で料理を作りました。野菜スープ、ミートローフ、シーフードサラダ、クリームチーズとアボカドのディップ……etc.バースデーケーキは、デパ地下で購入。

 子どもが小さいころは、とてものんびりと外食などはできなかったので、お誕生日はいつも自宅でした。お菓子作りも得意な夫が、ケーキまでこしらえていました。そして、そのたびにビデオカメラを回して、テーブルを撮影し、ろうそくの火を吹き消す様子を記録してきたのに……。
 いつのまにか、それをやらなくなってしまった。

 今回も、せっかくきれいに盛り付けた料理は、あっという間にみんなのおなかの中。
 買ってきたケーキは、ろうそくも立てず、Happy Birthday! の歌もなく、「おれ、デカいの」「あたし、生クリームたっぷり」などという声とともに切り分けられて、ペロリ……!

 家の外では風がものすごい音を立てていました。
 それでも部屋の中では、満腹ほろ酔いの家族が、おだやかな気分でくつろいでいます。どこにも出かけずにのんびりできて、こういうディナーもたまにはいいかも。
 成長したモト。大人になった子どもたち。
 台風17号は、思いがけず、わが家の変わりように気づかせてくれたのでした。


**************************************************
 

 

 ピンボケでわかりにくいですが、モト17歳の誕生日。
 イチゴの季節ではないので、節約してキウィとバナナのケーキを作りました。


 

    そして、今回買って来たケーキ。
    もちろん、見た目も、味も、価格も、格段の差! でしたが……


***************************************************
☆日本ブログ村のランキングに参加しています。


 ぽちっとクリックしてください。 
 どうもありがとうございます!



コメント

_ ブーちゃん ― 2012/10/04 08:17

ご子息のお話を伺う度に、わが息子が「一番辛いのは僕だよ」とのひと言を思い出します。
親の苦労や心配もさることながら、そうかもしれません。

_ hitomi ― 2012/10/04 13:16

ブーちゃんさん、いつもコメントをありがとうございます。
子どもの人生は子どものもの。それを代わってやることはできませんものね。親ができるのは、支えてやること、見守ってやること。そのくらいでしょうか。
親自身の人生も大事です。

_ 二分野知恵 ― 2012/10/17 10:22

私の息子も、自閉症(広汎性発達障害)です。
とにかく、よく泣きます。いつもの手順通りだと、何とかこなすのですが、ちょっと、加わったり、手順が違うと、大泣きをします。
時には、暴れたり、引っ張ったりしながらの大泣きで、収拾が付かない時もあります。
幼児園に通ってますが、園での生活は普通に楽しくしていても、お迎えの時間になり、私の顔を見ると、「ママー」と泣きます。今年4月に入園してから、この10月まで、ずっとです。泣かない日を数えた方が早いのでは、という位です。
顔を見た事で、安心して泣くのでしょうか? 特質なのか、甘やかしてそうなってるのか? と、悩み、葛藤します。
幸い、幼児園は、発達障害の方等、障害者も受け入れてる所なので、先生方や、保護者の方達からの理解があり、助けても頂けるので、救われてますが…。
これから療育に入るのですが、他の、自閉症のお子さんをお持ちのお母様方に、色々、お話を聞ければ良いなぁ、と思っております。

_ hitomi ― 2012/10/17 11:34

二分野さま、コメントありがとうございます。
これから療育が始まるとのこと、いろいろと教わることと思いますが、お子さんが泣かれるのは、不安だからでしょう。自閉症は、外界を理解して把握していく能力が足りないのです。だから不安で自閉するのです。……と息子の時に教わりました。だから、お子さんの不安を取り除くように、気持ちに沿ってあげて、安心を与えてあげてください。お母さんが息子さんの一番の理解者になってあげてくださいね。

_ 二分野知恵 ― 2012/10/17 12:35

石渡さん、コメントありがとうございます。
そうですね、不安は大きいと思います。
何とかついていこうと、必死でしょうし。最近は、一通り泣いたら、無理矢理納得して、頑張る姿勢は出てきましたし、前にはない成長も見られますので、専門医からは、軽度とは言われてますので、療育で何とか頑張ってほしいと思います。

_ hitomi ― 2012/10/17 20:20

二分野さん、焦らないで、ゆっくり、時間をかけてあげてくださいね。きっと、お子さんなりの成長が見られることでしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2012/10/02/6590390/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki