エッセイの書き方のコツ(12):敬語は控えめに2012年10月27日


前回の「敬語の話」を受けて、エッセイを書くときの敬語について考えてみましょう。

例えば、エッセイのなかの次の文。
Aさんは、傘を貸してくださった。
書き手にとっては、とても親切なAさんだから、思わず感謝と敬意を表したにちがいありません。あるいは目上の人だったのかもしれませんね。
Aさんは、傘を貸してくださった。ご自分は雨の中を走って帰られた。おやさしい方でいらっしゃった。
ここまで来ると、もやもやとした読みづらさを感じませんか。
敬語がくどいだけではありません。敬意という書き手の気持ちが、読み手に向いているのではなく、Aさんに向いているからです。読むうえでじゃまな情報なのです。
Aさんは、傘を貸してくれた。自分は雨の中を走って帰った。やさしい人だった。
これなら読みやすいですね。

ときどき、年配の生徒さんのエッセイに登場するのが、恩師のエピソード。
B先生も一緒に校歌を歌われたとき、目に涙を浮かべておいでだった。
一般に、年配の方ほど、敬語がなじんでいます。まして、先生のことを書くのに、敬語を使わずにはいられないのでしょう。いけないと決めつけるつもりはありません。
それでも、読み手がもやもやとしないために、工夫が必要になってきます。
せめて1か所だけにする。
軽く受身形の敬語にとどめる。
などなど、控えめにする方法はありそうですね。
B先生も一緒に校歌を歌ったとき、目に涙を浮かべておいでだった。
B先生も一緒に校歌を歌ったとき、目に涙を浮かべておられた。

文は人なり。文体からも、書き手の年齢や人となりが表れる。
それもまたエッセイのおもしろさですね。






☆日本ブログ村のランキングに参加しています。

 ぽちっとクリックしてください。 
 どうもありがとうございます!




コメント

_ 片割れ月 ― 2012/10/28 10:37

よくわかります~
私はシニアの方のブログが好きでときどき覗きます。
皆さん特にコメントなどでは敬語・謙譲語を上手に使われております。
でも、時々排他的な威圧感を感じたのは、そんなところからなのでしょうね。
読み手のこと、とても参考になりました。

_ hitomi ― 2012/10/28 11:12

片割れ月さん、コメントありがとうございます。共感していただけてうれしいです。読み手が置き去りにならないように、読み手を意識して書くということも、意外に大事なことなんですね。私も気を使っています。(うまくいっているといいのですが……?)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2012/10/27/6614080/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki