東北ドライブ1000キロの旅:郡山へ2014年05月12日

わが家の車を3代目のオデッセイに替えてから、半年が過ぎた。

ヨッシーと呼んで、今ではすっかり私のかわいいパートナー。毎日毎日、四六時中でも乗っていたい……。

そこで、とことんヨッシーと過ごすために、このゴールデンウィークにドライブの旅に出ることにした。娘とその友人と、女3人、34日の旅だ。

目的地は、宮城県東松島市。ちょうど1年前の5月にもそこを訪ねたのだが、その時は仙台まで新幹線を利用した。今年は、いささか大冒険である。

これまで、私が車で一番遠くまで行ったのは、長野県の白馬あたりだろうか。距離にして270キロほどだ。千葉県の市川市に住んでいたころ、房総半島を一周したら、ちょうど300キロだった。この程度が、1日で走る限度かもしれない。

東松島までは400キロを軽く超えている。

ゴールデンウィークの東北道、渋滞は覚悟の上だ。

連休でなかったら、社会人の娘たちを連れていかれない。

それでも、渋滞回避の策として、私一人で平日のうちに北上し、郡山まで行くことにした。娘たちは勤めを終えてから、夜遅く新幹線で到着。合流して1泊する。

52日、午前9時に出発。

朝から快晴。吹く風もさわやか。絶好のドライブ日和だ。

前日、お気に入りのアーティストの曲を、USBスティックにダウンロードしておいた。いつものサザンや福山くん、懐かしのチャゲアス、ちょっとお試しのコブクロや嵐まで、アルバム15枚ほど。これなら、CDを入れ替える手間もない。便利になったものだ。ひとりハンドルを握りながら、次から次へと、大好きな歌を聴く。

青い空、沿道の木々の若葉がまぶしい。水をたたえた水田も春の陽を受けて光っている。

予定どおり、佐野と那須高原のサービスエリアで休憩をとった。

佐野サービスエリア


那須高原サービスエリア


那須高原サービスエリア

那須高原特産のおいしそうなチーズがたくさん並んでいる。今夜の一人きりの夕食で、ワインのおともにしようと、一つ買っておいた。


那須高原の特産のチーズ

午後3時、大した渋滞もなく、無事、郡山に到着。

ハナミズキがきれいに咲き誇っていた。

郡山




石畳のおしゃれな街並み

近くを散歩してみた。不思議な街だ。

駅前の広場に、なぜかどこでもドアが……。



壁にはスパイダーマンが張り付いていて……。


今夜の宿は、駅前のビジネスホテル。

窓からは、駅前の広場と、新幹線のホームが見下ろせる。そこで一人の晩餐。

クリームパンのように見えるのは、じつは餃子パン。那須高原SAで仕入れた。中にはごろんと大きな餃子が入っている。ピリ辛でなかなか美味しかった。



○○○                        (続く)



コメント

_ mami ― 2014/05/13 09:10

先が楽しみな第一日目ですね!
私もどこかに出かけたくなりました。

_ hitomi ― 2014/05/13 22:59

mamiさん、
なかなか先に進むことができませんが、がんばって続けていきます。どうぞお楽しみに。
mamiさんも、春の旅を楽しんだら、エッセイを綴ってみてくださいね。

_ SACHI ― 2014/05/14 01:30

お天気で渋滞もあまりなくて、よい旅の予感がしますね。
餃子パンとは、しりませんでした。続きが楽しみです。

_ hitomi ― 2014/05/14 11:23

SACHIさん、
餃子パンは、ガイドブックのおススメだったので、食べてみました。美味しかったですよ。那須にお出かけのときに、ぜひどうぞ。那須高原SAのパン屋さんではカレーパンも人気のようでした。

_ 村上 好 ― 2014/10/26 09:55

hitomi さん

夕食の写真、じつにおいしそうです。横にスパークリングワインが鎮座してますね。

<駅前のビジネスホテル。

 窓からは、駅前の広場と、新幹線のホームが見下ろせる。そこで一人の晩餐>

このシチュエーションが最高なのですfff(フォルテッシシモ)

明日の娘さんたちとの旅行を前に、ひとりホテルでグラスを傾ける・・・すばらしい!!!

生き方上手ですねぇ。

村上 好

_ hitomi ― 2014/10/28 17:22

村上好さん、
たくさんの気のおけない友達と、笑いながらのおしゃべりも大好きですが、一人だけの時間も大事です。一人旅はホテルでくつろげるのも魅力ですね。昔はそんなときに、手紙を書いたものですが、今ではメールにラインにSNS。ムードがなくなったような気もします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2014/05/12/7309163/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki