旅のフォトエッセイ:Vacance en France 3 モンマルトルの丘であの人と出会う!2014年07月31日

パリで一番高い場所といえば、モンマルトルの丘。ここは外せない名所だ。

ここから見下ろすパリの街を、娘にも見せたい。

新婚旅行で訪ねたかどうかはまったく記憶にないのだが、まだ独身のころ、ここへ来た忘れられない思い出がある。

それは、私が25歳になったばかりの、クリスマスを過ぎたころのことだった。

人通りもまばらになった夜のモンマルトルの街を、スイス人の友達マリスとふたりで歩いていた。

マリスは、ロンドンで同じ家庭にホームステイをして、同じ英語学校に通った仲良しだ。年は一つ下だけれど、何もかもお姉さんのようだった。秋学期が終わり、クリスマスはスイス・ベルン郊外のマリスの実家に招かれ、その後、二人でパリにやって来た。

この日、モンマルトルに住んでいるという彼女の友人に電話をしてみると、今夜はパーティをするから遊びにおいでよと言われた。

高級住宅街にある彼のアパルトマンには、たくさんの友達が集まっていて、パーティが始まっていた。とつぜんの訪問者も歓迎されて、仲間に加えてもらう。

ちょうど、ケーキを切り分けるところだ。ケーキといっても、殺風景な丸い焼き菓子。でも、この中に小さなマリア像が一つだけ入れてあり、それをゲットした人が今晩の主役になれる、という楽しい仕掛けがある。残念ながら、私の食べた中には入っていなかったけれど、それを手に入れた人は紙で作った王冠をかぶり、うれしそうに威張って見せた。

隣の部屋にも、別のグループがいた。

「あちらは、ハッシッシよ」とマリスが小声で教えてくれた。最後まで、こちらの部屋と交わることはなかった。


そして、今、あの日の私と同じ年齢になった娘を連れて訪ねてきた。

まず、メトロをアベス駅で下車。改札を出てから、のぼりの螺旋階段がぐるぐるぐると続く。やれやれ……と思ってふと見ると、この階段の壁が楽しい。次々と絵が変わっていく。

 






いかにもパリだわ……と感心している間に、つらさも感じないで(いやちょっとだけ感じながら)出口に到達できる仕組みになっているのだ。

アベス駅

 


階段を上りきると、アベス広場に出る。

さてどちらに向かうのでしょうねぇ、ときょろきょろしていたら、向こうからやって来る女性に目が留まった。

中山美穂さんだ!

黒髪で長めのボブスタイル。大きなサングラス。特徴のある口もと。細身の体。地味なモノクロファッションだが、一瞬でわかった。

パリに住んでいるという彼女が、最近日本のマスコミでも何かと騒がれている。日本人の観光客なんて、一番関わりたくないのだろう。そそくさとメトロの階段を降りていってしまった。

ミーハーの私がかろうじて撮った1枚。

 

奥の後ろ姿が、ミポリン。

アベス広場の向かいには、「ジュテームの壁」がある。

落書きではなくて、ちゃんとした現代アートだという。250の言語で書かれた、愛の告白の言葉。

ジュテームの壁。

 

サン・ジャン・ド・モンマルトル教会。

エッフェル塔が作られたのと同じ時期に、鉄筋コンクリートで作られた珍しい教会だ。神聖な空間というより、どこか少女趣味的なかわいらしさのある建物。いかにもパリらしいと言えなくもない……?

サン・ジャン・ド・モンマルトル教会。

教会の中に入ると……

 

娘の地図を頼りに、丘の頂上を目指す。

坂道があり、階段があり、おっと、登山電車まであった。その名もフニクレール。

昔、このあたりを歩いたような……

階段の途中のバイオリン弾き。

ケーブルカーのフニクレール。

駅から、15分ぐらいてくてくと登ってきたろうか。

ようやく、サクレクール寺院の前の広場に出た。


なんだかたくさんの人で、にぎわっている。

空に人がいる! 街灯に登って曲芸をやっている。

よく見ると、サッカーボールまで足で動かしているのだ。空中ドリブル!?

丘の上の曲芸師。


 

サクレ・クール寺院。


パリを見下ろす階段にも、サクレクール寺院にも、観光客がいっぱい。もちろん、お祈りのために来た人も。

内部のモザイクは20世紀に入って完成したという。

新しいキリスト像は、ちょっとハンサム過ぎ……。

 

中は……

パリの街を見下ろしたけれど……

 

学生のころ、ここを訪れてパリの街を見下ろした覚えが、確かにある。そのときの記憶の眺望には、エッフェル塔があった。

が、それはどこからも見えなかった。

かすんだ記憶は、夢の中の景色だったのか、絵の中の景色だったのか……。

「わあ、すごい!」

と喜ぶ娘の横で、自分の記憶の不確かさに、茫然としていた。

 

   〈続く〉




コメント

_ kattupa ― 2014/08/02 05:55

hitomi様 パリ便りも佳境に入った感じですね。石造りの建物を
見ていると、頭がくらくらします。文化の違いでしょうか。続編に期待
します。

_ hitomi ― 2014/08/03 15:57

kattupaさん、
ちょうど私たちが訪ねたときのフランスは涼しかったです。
ブログをご覧になっているうちに、暑さもしのげて、頭くらくらもなくなることでしょう(笑)

_ SACHI ― 2014/08/03 17:05

懐かしい素敵なパリ!!今回も堪能しました。素敵な写真も、昔の
partyの思いも。思いがけない出会いもあったのですね。私の出会いもちょっとだけ。30年近く前、絵の好きな友達とモンマルトルをあるきまわりました。細い急な石段を下りきって、ふと振り返ると、そこはユトリロの描いたあの有名な階段なのでした。私達は、いつの間にか、ユトリロの絵の中にいたのです。

_ hitomi ― 2014/08/03 20:18

SACHIさん、
そうそう、ユトリロの絵も、パリの魅力を引き立ててくれましたね。
今回の訪問は土曜日、大勢の観光客や地元の若い子たちも、あちこちでくつろいでいたので、その階段の写真が撮れませんでした。ちょっと残念。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2014/07/31/7402881/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki