写真コンクールに投票のお願い!2014年10月04日



フランスの旅の写真を整理しながら、あれこれ調べているうちに、こんなサイトに出会いました。


〈フランスの旅 フォトコンクール 2014

さっそく、私も応募してみました。

素人だってかまわない。写真に込めた思いには自信がありますとも……!

 

写真を応募しなくても、写真へのコメントや投票だけでも、素敵なプレゼントが当たるそうです。ぜひぜひ、皆さまもご参加ください!

FacebookTwitterなどにアカウントがない方でも、メールアドレスと簡単なパスワードをご自分で設定すれば、その場でユーザー登録ができます。

そして、投票は次の10点に、どうぞよろしくお願いいたします!

それぞれ、タイトルをクリックすると、サイト内の写真のページにリンクします。

89103点は、娘の撮ったもので、私のセレクトです)


 

1. カルーセルパレス

彼女だって20年くらい前には少女だった。でも今はもう、乗りたかった木馬も、あの日の夢も、目の前でくるくると回っているだけ…… 

2. ギャルリー・ラファイエット

このデパートの吹き抜けは、店内のどの商品よりも繊細でゴージャスで美しい。 

3. 日の出

きのうは、海に日が沈むのを見た。そして今日は、カモメの鳴き声で起き、海から朝日が昇るのを見る。かつてここに暮らした修道士たちもこんな毎日を送っていたのだろうか。 

4.  ホテルの看板

泊まったホテルの別館は、狭い路地の坂道、石の壁の一角に看板を下げていた。娘がそれを見上げ、抜けるような碧空がそれを見下ろしている。 

5. シュノンソー城までの並木道

木洩れ日が模様を作っている。それを踏みしめて進むと、白い城が見えてくる。 

6. 午後955分の夕焼け

ようやくパリの長い一日が暮れていく瞬間、オペラ座の向こうの空が燃え上がった。 

7. 静かなる朝

海からの風が、朝日を浴びたフランス国旗をはためかせていた。

 

8. 旧市街の夫婦

オンフルールの旧市街で見かけた老夫婦の後ろ姿が印象的だった。 

9. 夏を待つパラソルたち

空はどんよりと曇り、海風は冷たく、人影もない浜辺で、パラソルたちは身を細くして夏の日差しを待っている。 

10. モネの庭

池に浮かぶ睡蓮と、池に写る柳の枝。モネの絵がそこにあった。 


どうぞよろしくお願いします!

ブログの Vacance en France も、まだ続く予定です。




コメント

_ kattupa ― 2014/10/08 23:25

いずれも素敵な写真で目移りしますが、2点ほど選んで
投票しました。

_ hitomi ― 2014/10/09 11:27

kattupaさん、
ありがとうございました。
ご面倒をおかけいたしました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2014/10/04/7450201/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2015 hitomi kawasaki