白い寒さにハートがふるえ……2015年03月06日

先月、札幌の雪まつりに出かけました。

夕方ホテルにチェックイン。カバンに詰めてきたあらゆる防寒グッズを身につけて、街に繰り出したのは午後5時。

まずは、人が入れるほどの超特大の氷のジョッキがお出迎え!


祭りの雪像はライトアップされて、たくさんの人でにぎわっていました。

上の写真は、ご存じ「スター・ウォーズ」のダース・ベイダー。世界初、ルーカス・フィルム公認です。

前々日の雨で一部が解けたと言われていましたが、いやいやどうして、大迫力でした。

下の写真は、ほぼ原寸大の春日大社。

夜は、精巧なプロジェクション・マッピングのショーが行われ、すばらしかったです!


日が落ちて暗くなり、時折、雪が降ってきます。スノーブーツを履いていても、油断をすると滑って転びそうな足もと。

気温はどんどん下がっていき、天気予報どおりマイナス10度だったかもしれません。とにかく寒かったです。

立ち並ぶスポンサーの出店で、ホットウィスキーやグリューワインを飲んでも、10分後には車の運転もできそうなほど、酔いが飛んでしまう。それほどの寒さです。

 

ところが、寒くなればなるほど、なんだか楽しくなってきました。

「氷点下ハイ」などと、チューハイのような名前を付けて大はしゃぎ。観光客ならではの楽しさであり、ここに暮らす人々にとっては厳しい環境であることはわかっているのですが。

寒いと、発熱を促して体がふるえだすように、私はまずハートがふるえて熱を帯びる。楽しい気分が高揚してくる。結局は動き回って体温が上がり、寒さから身を守っているだけなのかもしれない。

氷点下ハイの理由も、そんなところでしょう。

雪の降る街角にソフトクリーム屋さんを見つけて駆け寄って食べました。あまり冷たく感じられなくて不思議な美味しさでした。

 

でも、若いころには、こんなふうに書いたこともありました。

「冬至生まれの私の心には、いつもどこかで雪が降っている……」

おのれの心の冷たさを持て余し、言い逃れていた。肯定していたかったのかもしれません。


翌日は、小樽の雪明かりの路を歩きました。

雪深い街に、たそがれが忍び寄るにつれて、雪にしつらえられた手作りの明かりが浮かび上がる。静謐な美しさでした。

その翌朝は、支笏湖畔の氷濤まつりへ。

氷点下ハイを言い訳にして、年がいもなく氷の滑り台で笑い転げては、日ごろのストレスをおおいに発散してきました。

そして今度は、白い寒さにひかれて、スキーへ。

5年ぶりです。滑り方は体が覚えているでしょうから心配はないけれど、ギプスでもはめて帰ってきたら、年寄りの冷や水、とお笑いください。

シニアスキーを始めるつもりで、行ってきます。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2015/03/06/7585230/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki