フォトエッセイ:花嫁の母として⑤2017年02月18日




「花束もお手紙もやめてね。泣かせの演出は必要ないから」

娘には、準備の段階からそう言い渡してあった。

今まで出席した親戚の披露宴でも、テレビで見るよその人の映像でさえも、感動して泣いてしまう私だ。まして、自分がその立場になったら、爆泣き必至であろうから。

 

あれほど釘をさしておいたのに、やはりご多分に漏れず、披露宴の最後に、娘から大きな花束を手渡されてしまった。うれしくないはずはないのだが……。

さらに、手紙も読んでくれたのだった。

そこには、これまで育ててきたことへのたくさんの感謝の言葉があった。

「心配ばかりかけてごめんなさい」

「毎日お弁当を作ってくれてありがとう」

そして……

障害のある長男のせいで、娘がつらい思いをしないように、

「気づかってくれてありがとう」

もういけない。こみ上げる涙を何度も指先でぬぐった。

 

それでも、泣き虫の私にしては上出来だったと思う。せわしないながらも、披露宴のお客さまとともに、ちゃんと楽しむことができた。

帰りは、母を乗せてタクシーで帰路につく。イルミネーションが美しいみなとみらいの夜景を堪能しながら、晴れ晴れとした気分だった。



 

「おつかれさま!」

とにかく喉がカラカラ。冷えたビールがいつになく美味しいと思った。

 

花嫁から贈られたブーケは、ピンク色のバラ、大輪のガーベラ、オフホワイトのカーネーション。今までにも娘からは何度か花をもらったけれど、これが一番きれいで、一番せつない花束だった。



 

〈最終回に続く〉

 



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2017/02/18/8367698/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2015 hitomi kawasaki