フォトエッセイ:花嫁の母として⑥ 最終回2017年02月28日

 

付き合い始めたと思ったら、二人で海外旅行。家族の顔合わせも、入籍さえも済まないうちに、一緒に住み始める。平成生まれの結婚は、なんとまあ順不同なことだろう。結納も釣書も言葉さえ知らず、「仲人って何をするの?」と聞いてくる。

昭和の常識は通用しないのである。

それでも、なんとか結婚式を挙げて披露宴を行うところまでこぎつけた。

 

花嫁の母親としては、できるかぎり抜かりなく準備をしてきたつもりだった。

子どもたちの受験時代が終わってからは受けたことのなかったインフルエンザの予防接種を早めに受けた。この時期おいしい牡蠣もご法度にした。

多忙な年末に、慣れない針を持って、リングピローも手作りした。

一人ひとりの礼装も、夫の貸衣装から息子たちの黒い靴下まで、すべて私が整えた。

そうやって、佳き日を迎え、グランドフィナーレともいうべき行事を、無事にお開きとすることができた。

心から喜び、ほっとしたのだった。

 

 



ところが、翌日からは、まさに祭りのあと。気持ちが沈んでくる。反省ばかりが頭をよぎるのだ。

控室でふざけてばかりいないで、母娘の最後のひと時にかけてあげる言葉はなかったのか。マスカラが落ちようが、鼻が真っ赤になろうがかまわずに、きちんと娘の結婚に心から向き合うべきではなかったのか。後悔の念にさいなまれた。

 

プロに頼めば、老け顔でもきれいに仕上げてくれるだろう、と期待していたメイクは、がっかりだった。和装の時のメイクがいつもと違うのはわかっているつもりだ。肌だけはシミを隠してきれいになったが、まるでびっくりタヌキのようで、鏡を見たくなかった。

花嫁ではないのだからメイクのリハーサルまではないにしても、いつもの自分のメイクの写真を見せて、それに近づけてもらうよう頼めばよかったのに。

でも、わかっていた。プロのメイクが映えないのは、年齢のせいなのだ。現実を突き付けられて、落ち込んだのである。

 

思い返すときりがない。

せっかく何日もかけて留袖の柄を選んで決めたのに、まともに写っている写真はなかった。誰かに頼んで、きちんと撮ってもらえばよかった。

何しろ当日は忙しかったのだから仕方ない、とは思うのだが。

 

娘は勤めを続けながら、忙しい日々、準備を続けてきたのだ。もっと私がしっかり補ってくればよかったのではないか。

 

数日は、そんな思いばかりでつらかった。

子どもたち3人で撮った写真を見ては、涙が出た。

 


 

それでも、日を追うごとに、少しずつ気持ちを切り替えていった。否定的な言葉で思い返してはいけないのだ、と。

たくさんの招待客と、主役の二人のために、やはり私は泣き虫でいるより、笑顔でいられて良かったのだ。それに、二度と着ないかもしれない黒留袖という正装になったのだから、メイクだって特別でいいではないか。

プロのカメラマンがたくさん写真を撮ってくれた中に、私の晴れ姿もきっと映っていることだろう。楽しみに待っていよう。

 

娘が自分と同じ年齢で花嫁になった。私もその分だけ年を重ね、人生を歩いてきたのである。こんなにきれいな花嫁姿を見せてもらって、母としてこれ以上の幸せがあろうか。

 

新郎新婦は、すでにお互い伴侶となって歩み始めている。よく話し合い協力して、二人の最初の大仕事を、この日に向けてがんばってきた。私は、ときには母としてのアドバイスも与えながら、二人をきちんと見守ることができたと思う。

挙式当日だけが結婚のすべてではないのである。

 

これから先もずっと、二人の一番の理解者となって、遠く近く、見守っていきたい。

また一つ、母としての新しいステージが始まる。

私らしく笑ったり泣いたりしながら、精いっぱいやっていこう。



 


皆さま、長い間お付き合いくださいまして、どうもありがとうござました。

このシリーズは今回でおしまいです。



 



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2017/02/28/8379575/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2015 hitomi kawasaki