四度目がないように2017年09月03日

〈前回の続き〉

 

やはり、大きな病院で受診してきた。

この地に住むようになって30年、何かとお世話になっている病院。次男を出産したのもここ。長男が側弯症で入院し、手術を受けたのもここ。

昨年、母に胃がんが見つかり、入院・手術を受けたのもここ。



 

とはいえ、建て替わって、まるでホテルのようだった。

ロビーでは、グランドピアノが自動演奏している。患者さんたちがソファのような椅子でくつろいでいる。

最上階まで吹き抜けがあり、明るい光が差し込む。空調も、暑からず寒からず、快適に保たれていた。

 

受付をすると、ポケベルを渡された。メロディとともに、メッセージが映る。

「2階内科3番診察室の近くでお待ちください」

「3番診察室にお入りください」

「1階採血室の前でお待ちください」

……最後の診察が終わって、カルテを会計に出すと、しばらくして、

「本日のお会計は、¥×××です。自動支払機でお支払いください」

とまあ、至れり尽くせりで迷うこともなく、待合室に呼び出しの声が流れることもほとんどない。

患者さんであふれていた以前のことを思うと、別世界だ。

 

ところで、診察のほうは、改めて血液検査をして、当日わかる範囲を教えてもらった。すべての検査結果は、1週間後に出る。

自分でもいろいろなサイトで調べ、発熱の原因が何なのか、思い当たることはあるのだが、結果が出るまではなるべく考えないようにしよう。

なんとなくまだ体調が良くないのは、5日間抗生剤を呑んだからだろう。

 

「病は気から」というとおり、気にしてばかりでは、よけい重病人の気分になっていくものだ。

 

ブログにも、もっと明るく楽しいことを書いていかなくては……!

 




コメント

_ kattupa ― 2017/09/14 05:02

容態はいかがですか。私も時々上半身の震えがきます。
原因は気温の変化やストレスです。
特にストレスはいけません。気分転換がお薦めです。

_ hitomi ― 2017/09/16 13:52

kattupaさん
ありがとうございます。
気分転換はこまめにしているのですが、ストレスに満ちた毎日は変えようにありません。ストレスだと思わないようにできれば一番いいのかもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2017/09/03/8668232/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2015 hitomi kawasaki