エッセイの書き方のコツ(35):「近ごろ気になる言葉」2021年06月08日


近ごろ耳にするけれど、どうも気になる言葉や言い回しなど、ありませんか。

今、各地の教室で、このテーマで書いてもらっています。

 

私が気になるのは、今まで「人の流れ」と言っていたところに使われる「人流(じんりゅう)」という言葉。耳障りで好きになれません。

新聞の見出しなどでは、字数が少ないほうが便利なのはわかりますが、早口でしゃべる必要のない記者会見で、東京都知事の小池さんが最初に言い出したように思います。「人流が減らない。人流を抑えたい」などという具合に。

なんとなく、粉塵の塵、つまり塵芥(ちりあくた)のチリを思い浮かべます。

人の流れをチリの集まりとは、いかがなものか。国民ひとりひとりの行動の集合体を、そんなふうに表現されて、あまり気持ちの良いものではありません。

そのうちに新語登録されて辞書に載るようになっても、私は使わないでしょう。

 

「まん延防止等重点措置」という言葉は、はじめのうちは「まん防」と略されるようになり、すぐに世間のひんしゅくを買いました。魚のマンボウみたいで間が抜けているとか、「ウー、マンボー!」と言いたくなるなど批判を浴び、きちんと「まん延防止」と使うようになりましたね。

 

ところで、「コロナ禍」という言葉、エッセイを書くときはもちろん、日々のメールでも、使わない日はないように感じます。

これを「コロナ」と書くか、「コロナ」と書くか。

エッセイ仲間の泰子さんは、そこが気になって、自身のホームページ「エッセイ工房」に、考察する記事を書きました。なかなか興味深く、参考にもなりますので、ぜひお読みください。

(彼女は201912月にエッセイ集を出版。その折に、私もブログ記事で紹介しています)

 

私はほとんど「コロナ禍」を使います。いくら「コロナ下」と書いても、そこに、わざわいがもたらすマイナス面の印象は拭えないと思えるからです。

そして、「エッセイ工房」の記事を引用すると、

「ウィキペディアの〈コロナ禍〉の解説によれば、新聞報道においては20204月に全国紙に登場したそうです」とのこと。

私自身はもっと早くから使っていたような気がして、自分のブログを調べてみました。

……ありました、419日の記事の最後のほうに。

朝日新聞の天声人語に登場したのが、420日だそうですから、私はそれよりもひと足(一日)早く使っていたのです。いつもぐずぐずしているうちに出遅れる私ですが、こればかりはちょっと自慢したい気分になりました。

ちょうど、パンデミック小説ばかり読んでいた時期だったので、「○○禍」という言葉に馴染んでいたのでしょう。

やはり、読書は語彙を増やすにはもってこい、なのかもしれませんね。そこもぜひご参考に!



 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2021/06/08/9386032/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki