行ってきました、桑田くんのライブ「がらくた」in東京ドーム♪2017年11月16日

 



これ以上ないぐらいの青空がまぶしい秋の一日、行ってきました東京ドーム。

座席はスタンド1階の中ごろ。何と言っても広い広い野球場だから、遠くは霧にかすんでいるけれど、ま、しょうがない。



 

1曲目のイントロが始まった瞬間から、5万人のファンの歓声と拍手とリズムに乗った動きが炸裂する。少し懐かしい曲から、アルバムの新曲まで、期待どおりの演奏が、がんがん続いていく。

盛り上がったころ、入場のときに受け取った腕時計式のライトが、曲の始まりと同時に一斉に点灯。曲調によって色も変わり、カラフルに点滅したりもする。ドームの中は、5万個のライトのうねりが美しい。一人ひとりのハートがきらめいているかのようだ。気分は最高潮……。

桑田くんは、相変わらずおちゃらけたMCやギャグやコントで、時に爆笑、時に失笑を買う。彼のサービス精神旺盛な温かいキャラと、それに応えるファンのやさしさとがコラボする空間に、ああ、今夜ここに来られてよかった、としみじみ思う。

 

そして、彼の歌に酔いしれ、一緒に歌いながらも、心の中では、また別の思いが広がる曲がいくつもあった。

2曲だけ、ここに記しておきたい。(ネタバレごめんなさい)

 

MY LITTLE HOMETOWN

今、上映中の『茅ヶ崎物語』の副題にもなっていて、彼が少年期を過ごした茅ヶ崎の歌だ。私も8歳までこの町にいた。

野球少年だったという歌なのだが、神輿の掛け声がバックに入る。映像にも祭りのシーンが出てくる。7月の浜降り祭だ。

私も子どもの頃には、この日だけは朝早く起きて、浜へ出かけていった。学校もお休みだった。若者たちが神輿を担いだまま威勢よく海に入っていくのを、遠くから見ていた。

 

あの日いた場所は

More, more, more 何処でしょう?

 

スローテンポになって最後の歌詞がせつなく問いかけてくると、

「もうどこにもないね……」と胸の中で答えながら、ちょっぴり泣けてくる。

 

 

「オアシスと果樹園」


恋はブルーの便箋ひとつ

言葉言葉に愛をしたためて

こんな男が今も君を想う

 

そういえば、その昔、エアメールといえば青くて薄い紙の便箋だった。

大学生のとき、ヨーロッパの旅の途中で知り合った日本人の男性がいた。私よりも九つ年上で、とても大人に見え、頼もしく感じた。私が帰国した後も、彼は仕事で旅を続けていた。その旅先から青い便箋が届く。

 

「浜辺では、波が寄せては返す奇跡を描いています」

 

今なら、違うダロー!と突っ込みを入れて笑い飛ばしていただろうか。

若かりし頃の私は、たったひと文字のミスが気に障り、「何が大人の魅力だか……」と、急に白けて、青い便箋も色あせて見えたのだった。

もうとっくに時効の、40年も昔の思い出でした。



 

ちなみに、おみやげにもらって帰ったのは三ツ矢サイダー。WOWOWの特番のCMでも流れましたが、来年はサザンオールスターズでの活動があるようですね。



See you in 2018!

ぜひ、来年もまた来たいです。



 

ぜひ、来年もまた着たいです。

 




copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki