旅のフォトエッセイPortugal 2018(3)ドン・ルイスⅠ世橋を渡って2018年02月15日

 




ポルトは、大西洋に注ぐドウロ川の北岸に街が広がり、南岸には古くからワインセラーが立ち並ぶ、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアと呼ばれる地域がある。

この国に来てポートワインは外せない。代表的な「サンデマン」というワインセラーを見学しようと、向こう岸へ向かう。

ドン・ルイス一世橋を歩いて渡るのである。



 

この橋は二層構造で、上層は北側の高台から南側の高台まで、長さ約400メートル、どーんと鉄のアーチの橋がかかっている。下層の橋は水面に近い位置にあって、車と人が通る。

 

どこかで見たことがあるような……と思ったら、19世紀後半、パリのエッフェル塔を手掛けたギュスターヴ・エッフェルの弟子が造ったそうだ。当時の最先端技術を用いた鉄橋なのだ。アーチの感じが似ている。


驚いたことに、上の橋には幅8メートルの道路上に線路が敷いてあって、地上45メートルというこんな高い場所を、なんと地下鉄が路面電車となって走っているのだ。しかも、同じ道路を人も通行する。


 


 

歩いてみると、足元には隙間があり、下が見えるではないか。手すりも低くて怖いこと怖いこと。下半身がぞわぞわする。

事故が起きたりしないのだろうか。日本だったら、歩道が仕切られて、高いフェンスが必ずあるだろうに……、などと独り言ちて気を紛らわしながら、なんとか渡りきった。


眺望はすばらしい……のだけど。▼


 ▼ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアには、赤茶色の古い瓦屋根が並び、それを見下ろしながらロープウェイも動いている。



かつて、ワインを運び出すのは川を上る船だったから、建物は皆、川の方を向いて建っている。

橋から川べりまで坂道を下りてくると、SANDEMAN の裏返しの文字が屋根の上に突き出て見えた。もうすぐだ。


ところが、お目当てのワインセラーは、やっていなかった。手前にあるレストランに尋ねても「クローズド」の一点張り。シーズンオフだからだろうか。ガイドブックには、冬期の見学時間まできちんと書かれていたのだが。

 

諦めて、そこで早めの夕食をとることにした。時差のせいで、この日は1日が33時間の長丁場だというのに、恐怖の橋渡りでエネルギーを使い果たしてしまった。

エビ・魚・ベーコンの串焼きと本場のポートワインは、そんな疲れを吹き飛ばすのに十分過ぎる美味しさだった。



▲日本の居酒屋にいるおにいさんという感じ? この30センチもありそうな串に刺して焼く。2本で一人前。もちろん2人で食した。


▲お皿の上のほうに写っている黄色いのは、甘くないサツマイモのようなお芋。魚はmonkfish だという。アンコウの一種らしいけれど、柔らかくておいしかった。

 

 


帰りは、下の橋を渡った。ちょうどその場所からケーブルカーが斜面を上っている。思いがけず楽ができて、しかもライトアップされた夜景も楽しめてラッキーだった。




旅のフォトエッセイPortugal 2018(2)ポルトの街で2018年02月10日

 



まず降り立ったのは、ポルトガル北部に位置するポルトである。

ポルトガルという国名の元になったほど、国の要所として古くから栄え、歴史ある町。日本人にとっては、ポートワインでおなじみかもしれない。

 

空港に迎えの車を頼んである。ただし、ドライバーは現地語しか話さないという。ゲートを出ると、横文字の私の名前がすぐ目についた。それを掲げているのは口髭の小柄な男性だった。もちろん何を言っているのかチンプンカンプン。二人のスーツケースを軽々と運んで、車に乗せてくれた。

冬とはいえ、緑の街路樹や公園も多い。大きな建物があると、ドライバーが指さしてナントカカントカ、と名前を教えてくれる。

「イングレッシュ? ああ、イグレーシャ、教会のことね」と英語で答えると、「シー、シー!(そうそう)」。

その言葉がガイドブックの地図にあったのを思い出してピンときたのだ。彼のポルトガル語と私の英語が通じ合う……!

赤信号で止まると、彼は後ろを向いて、何かしきりと言っている。ぽかんとしていると、自分の財布を取りだして指さし、ポルト・ナントカカントカ。今度は自分の目を指して、ナントカカントカ。

「わかった! ポルトはスリが多いから気をつけなさい、ね?」

「シー、シー!」

 横で娘が、「お母さん、よくわかるねー」と尊敬のまなざしを向ける。

「会話はね、ハートよ」

ポルトガル語、恐れるに足らず。

 

30分ほどでホテルに到着。フロントの若い女性がまくしたてる英語のほうが、よほど難解だった。

日本でも、「朝食は7時から10時まで、1階奥のレストランへどうぞ。大浴場は3階でございます、午後2時から11時までご利用いただけます」などとペラペラと言われると、もう1回言って、と言いたくなる。毎日同じことをしゃべっているから、心がこもっていないのだろう。



 

時はお昼過ぎ、ポルトの街に繰り出した。曇り空だけれど、暖かい。手袋もマフラーもいらない。

ホテルは旧市街の中心にあり、辺りは賑やか。行きかう人々が、こちらを見る。けっして冷たい感じはしない。東洋人の女性二人連れはそれほど珍しいだろうか。確かに、観光シーズンでもないこの時期、あまり日本人は見かけない。


予習してきたとおり、起伏が多い。ほとんどが石畳の坂道だ。

クレリゴス教会を目指して、古い建物が立ち並ぶ坂道を上っていく。

 



振り返って見下ろせば、今歩いてきた道の、そのはるか先には別の教会の塔が見える。胸のすく眺めに、疲れも吹き飛ぶ。坂があるからこそ、景観も良くて風情があるのだ。

日本からはるか遠くのこんな場所で、「高低差ファン」を自称するタモリの顔が浮かんだ。



▼坂を上りきったところにそびえ立つクレリゴス教会。18世紀に建てられた。内部は、当時の経済力を物語るように、絢爛豪華なバロック様式だ。




 


 

▲教会の裏手には高い塔もある。76メートルあり、国内でも一番の高さを誇るとか。上まで登れば、当然、眺めも素晴らしいのだそうだが、225段のらせん階段と聞いておじけづき、明日にしようね、ということに……。




旅のフォトエッセイPortugal 2018(1)初めての国へ2018年02月08日




「そこに、何があるの」

ポルトガルに行くと話すと、5人中3人までが、そう言って首を傾げた。

ところが、行ったことがある人は、ほとんど全員が絶賛する。懐かしい感じがするとか、食べ物がおいしいとか、物価が安いとか……。

たしかに、天ぷらもパンも金平糖も、語源はポルトガル語だ。

 

昨年の秋のこと、社会人の娘が、年次休暇を消化するから、一緒に旅行しない? と誘ってきた。二つ返事で飛びつく。ヨーロッパのどこか、二人ともまだ行ったことのない国にしよう。出かけるのは真冬だから、寒すぎない所がいいね。そんなわけで決めた先はポルトガル。ヨーロッパ最西端の国だ。

 

とはいえ、家事も仕事も母の世話も、いつも忙しがっている私。楽に行けるツアーを探していると、娘が言った。

「お母さん、おしきせツアーじゃ文句たらたらでしょ」

うーん、たしかに。結局、娘に丸め込まれて、旅の計画や準備をしょい込む羽目になった。

娘とはこれが3回目のヨーロッパ旅行。一番気楽である。

 

1月下旬の出発当日は大雪の予報で、午前中からじゃんじゃん降りだし、雪が積もるにつれて私の不安も募った。深夜のフライトが欠航になったら、どこで交渉して、だれに連絡を取って……と、気の小さい私は気が気ではない。

 

午後2時過ぎには、すでにこの状態。▼


 

空港バスが走らなくなっても困るので、はやばやと家を出る。ノーマルタイヤの車を出すのはとうてい無理。最寄りの駅までは夫がスーツケースを運んでくれた。(感謝♡)

電車で8分、バスの出る駅へ。通常の経路となっている首都高が雪のため通行止めになり、迂回したので20分遅れたが、なんとか空港着。

久しぶりの羽田は、オシャレに変わっていた。





その日の勤めを終えてやって来る娘を待ちながら、わくわく気分どころか、胃がキリキリと痛んだ。それでも、京都のおばんざい料理にワインで、ちょっと気持ちが落ち着いた。なるようにしかならない、と。

こんな旅立ちは初めてだ。ま、これも後から忘れられない思い出となるのだろうか。



 

幸い、フライトは2時間少々の遅れですんだ。ポルトガルへは直行便がないので、ドイツで乗り継ぐ。それも本来は4時間の待ち時間があったので、事なきを得た


残念ながら、機内食を食べたばかりでおなかがいっぱい。楽しみにしていたビールとソーセージは、帰りにね。フランクフルト空港内のカフェで。▼

 


フランクフルトからは3時間ほどで、いよいよ初ポルトガルに到着だ。

 






新しいエッセイ教室のご案内2018年01月14日

 



神奈川県の横須賀カルチャーセンターで、3月から「あなたにも書けるエッセイ」という講座を開講することになりました。

そのチラシが出来上がりました。




 

毎月1回、第1土曜の午後2時から330分までです。

提出していただいた作品を皆さんで合評しながら、エッセイの書き方をご指導していきます。初めての方も大歓迎! 

 

23日には、開講に先立って、無料の体験講座も行います。

お近くの方、よろしかったらぜひ覗いてみてください。






お正月におススメの映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』2018年01月02日




皆さま、明けましておめでとうございます。

忙しさに紛れて、ご無沙汰のことも多いのですが、今年もどうぞよろしくお付き合いくださいね!

 

今日はお正月2日目だというのに、夫はもう出勤。生き物相手の仕事なのでしかたない。毎度のことです。

で、こういうときはいつも、所在なく家に引きこもっている二人の息子たちを連れて、映画を観に行くことにしています。

今日はこれ。DESTINY 鎌倉ものがたり』

友人の熱い勧めで見ることにしました。



 

とにかく面白かったです! 

例によって、ネタバレはしたくないので多くは語れませんが、『君の名は。』と同じような時空を超えたファンタジー。笑えて泣かされて、というところも同じ。こちらは実写版です。

ミステリー仕立ての演出も楽しめました。たくさんの伏線があって、エンドロールでなるほど、と思ったり。


石渡はもともと鎌倉の一族。お墓参りなどなど出かけることも多いのですが、その土地を舞台にこんな映画を作ってくれて、もう最高!!

今度鎌倉を訪ねたら、この人たちとすれ違ったりしてね……!

 

お正月休みは、この映画を観てから初詣でに鎌倉へ、なんておススメです。



 


自閉症児の母として(46):福山くんの「トモエ学園」を聴いて♪2017年12月30日




ちょうど1週間前の金曜日の夜、息子がテレビ朝日の「ミュージックステーション スーパーライブ2017」を見ていました。彼が毎週欠かさず見る番組の一つで、私のお気に入りのアーティストが出てくると、教えてくれるのです。

その夜は、福山くんで呼ばれました。歌うのは、「トモエ学園」という曲。黒柳徹子さんの自伝的ドラマ『トットちゃん!』の主題歌だとか。ドラマはちらりと見たことがありますが、曲は聞いたことがありません。

 

バイオリンのイントロで始まりました。

 

うれしいのに さみしくなる

たのしいのに かなしくなる

 

子どもの頃の学校を懐かしんで、感謝する気持ちが歌われていきます。

そして……

 

わたしたち 違うんだね

顔のかたち 心のかたち

 

歌詞を見ながら聞いているうちに、私は涙が出てきました。

息子たちの歌だ、と思ったのです。

自閉症に限らず、障害者すべての歌だと思えました。

 

  先生 友達 わたしの明日 作ってくれたの

  学び舎の日々 ありがとう

 

黒柳さんは、子どもの頃、今でいう学習障害だったそうです。

そんなトットちゃんを、じょうずに育んだ先生方は、息子がお世話になったすべての先生と重なります。

福山くんは、明るく楽しくというよりも、彼の精いっぱいの誠実さを込めて、バイオリンの演奏とともに、ろうろうと真面目に歌い上げていきます。

彼の歌は、力強くまっすぐに、息子たちを肯定しているように感じられました。

彼はミュージシャンとして、これまでより、ひとまわり大きくなったのではないでしょうか。

 

今年も、私の中にたくさんの歌を取り込んでは、人生の彩を感じてきました。

音楽は、心のビタミン。それがなかったら、心は干からびて体まで栄養失調になってしまいそう。

今年最後に、思いがけず、すばらしい歌と出会いました。

 

大晦日の紅白でも、彼はこの歌を歌ってくれます。

皆さまも、ぜひぜひお聴きくださいね。

そして、自閉症児の母の心にシンクロしてくださったら、うれしいかぎりです。


 

この一年、なかなか時間がとれず、気持ちの余裕もなく、思うように書けませんでした。書きたいことをずいぶん置き去りにしてきました。

そんな私のブログに、わざわざ読みに来てくださって、本当にどうもありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えください。




エッセイ集『たから貝』の誕生2017年12月21日

 


今日は朝からそわそわ。月に一度の湘南エッセイサロンの日です。

寒い朝でしたが、空は青く、途中の小田急線の窓から、大きくて美しいほんのり雪化粧の富士山も見ることができました。

 

湘南エッセイサロンは、4年前、ママ友から別のママ友へ、同窓から同僚へ、先輩から後輩へと、それはそれはたくさんのご縁がつながれて生まれた女性8名のお仲間です。

さらに、会場となったのは、私の育った湘南の地。藤沢市の海からほど近いお宅でした。

私は不思議なご縁に導かれるように、講師を引き受けました。

 

そして本日、そのサロンに初めてのエッセイ集『たから貝』が誕生しました。



 

この数ヵ月、これまでの作品の中から、ひとり3編のエッセイを選び、とことん推敲を重ね、合評を繰り返して、作品を磨きあげてきました。

エッセイ集の名前は、湘南の地で生まれた宝物のよう……ということで、

『たから貝』と決まりました。

表紙のクリーム色は、7色の見本から、皆さんで選んだものです。

 

創刊号の編集だけは、手始めに私が手掛けることにしました。

いざ始めてみると、あれもこれもとこだわりたくなる。自由にイメージを膨らませてデザインさせてもらいました。

 

意匠をこらしたのは、作者ごとの扉のページ。他ではなかなかお目にかかれないオシャレな出来栄えに、ひとり悦に入っております……!

(写真右側は、裏表紙です。写真が見づらくてごめんなさい)



 

さらに、偶然にも、今日は私の○●回目の誕生日。

サロンでお祝いの花束まで頂戴して、二重の喜びの一日となりました。







600字エッセイ「母の生きがいは」2017年12月10日




   母の生きがいは



母は、わが家と同じマンションの4軒隣で、病気もせずに独り暮らしを続けてきた。子どもに迷惑はかけない、というプライドが支えだったのだろう。

ところが、昨年93歳で胃がんが見つかり、胃の3分の2を摘出する手術を受けた。それもつかの間、今年になってこんどは大腿骨骨折で手術。何ヵ月もの入院のたびに母の体は弱った。「人生の最後に来て、こんな大変なことになるなんて」と嘆きながら、独り暮らしが難しくなり、この秋、ホームに入居した。広くて明るい個室で、きめ細やかな介護を受ける。

家に帰りたいとも言わず、穏やかな表情をしているのだが、どこに行きたい、何かしたいことは、と聞いても、「おさらばしたい」と言うばかりで、生きる気力をなくしてしまっている。

それでも、訪ねていけば開口一番、「風邪は治ったの?」と、私の健康を気遣い、「あの子はちゃんと学校に行ってるの?」と、孫の心配を口にする。そんなときは、ちょっとだけ以前の口ぶりを取り戻しているようだ。

先日、NHK大河ドラマで、直虎の母が自分の最期が近いのを悟って、呟いた。

「ずっとそなたのことを案じていたかった……」

いつの世も、母親は死ぬまで子どもの心配をすることこそが、生きがいなのだ。そう思うと、テレビの前で涙が止まらなかった。





ダイアリーエッセイ:誕生月2017年12月03日

 


早くも12月になりました。

師走に忙しいのは当たり前で、私は午年の講師、走りまくります。

 

さらに12月は、私が誕生日を迎える月。

まずはあっちのお店、こっちの企業から、「すてきなバースデープレゼント」と称して、割引やポイント追加のお知らせがたくさん舞い込みます。これをラッキー!と思って買い物していたら、誕生月貧乏になること請け合い。それでも、せっかくだからと、財布と相談しながら、ちょっとだけ安くなる買い物を楽しむこともあり、心浮き立つ忙しさです。

 

昨日は、同じマンションの仲良し4人組で、まだ早いのだけれど私の誕生日を祝ってもらいました。

毎年、この日はどこかのイルミネーションを見に行きます。今年は、渋谷の代々木公園ケヤキ並木の「青の洞窟」。




点灯時刻の17時に間に合うように出かけて、待つこと数分。すっかり暗闇に目が慣れた頃、突然青い光が頭上から降ってきて、それはちょっと衝撃の一瞬でした。




光沢のあるシートを敷いて、水面が光を反射しているかのように見せる工夫がされているのですが、残念ながら人が多くて、そこまでは……。


 


冬の空気が冷えて冴えわたり、空には綺麗な月が浮かんでいます。

ケヤキの枝越しに見あげれば、まるで青く光る細い指が、真珠の粒を摘まもうとしているようでした。



 

その後は、地元に帰ってきて、地元には珍しくおしゃれなレストランで、フランス料理をいただきます。

自家製ハムのパテも、お魚のポアレも、どれもリッチで大満足。

バースデープレートには、小さなオルゴールの生演奏まで付いています。

そして、これも毎年恒例、仲間から手作りのバースでカードをもらいます。

この一年間の写真が満載で、メッセージにはこの年を振り返っての出来事や、温かい励ましの言葉がつづられているのです。



 

12月は、年をとるのはいやだけれど、毎年こうやって、やさしくて楽しい仲間がいて、美味しい幸せがあれば、何歳になろうともうれしいものです。


自宅までの帰り道、長い坂道を歩きながら、

「いつか、みんなで認知症のグループホームに入ろうね」

などと、冗談とも本気ともつかない未来を語り合いながら、最後は笑い転げて終わる私たちでした。





行ってきました、桑田くんのライブ「がらくた」in東京ドーム♪2017年11月16日

 



これ以上ないぐらいの青空がまぶしい秋の一日、行ってきました東京ドーム。

座席はスタンド1階の中ごろ。何と言っても広い広い野球場だから、遠くは霧にかすんでいるけれど、ま、しょうがない。



 

1曲目のイントロが始まった瞬間から、5万人のファンの歓声と拍手とリズムに乗った動きが炸裂する。少し懐かしい曲から、アルバムの新曲まで、期待どおりの演奏が、がんがん続いていく。

盛り上がったころ、入場のときに受け取った腕時計式のライトが、曲の始まりと同時に一斉に点灯。曲調によって色も変わり、カラフルに点滅したりもする。ドームの中は、5万個のライトのうねりが美しい。一人ひとりのハートがきらめいているかのようだ。気分は最高潮……。

桑田くんは、相変わらずおちゃらけたMCやギャグやコントで、時に爆笑、時に失笑を買う。彼のサービス精神旺盛な温かいキャラと、それに応えるファンのやさしさとがコラボする空間に、ああ、今夜ここに来られてよかった、としみじみ思う。

 

そして、彼の歌に酔いしれ、一緒に歌いながらも、心の中では、また別の思いが広がる曲がいくつもあった。

2曲だけ、ここに記しておきたい。(ネタバレごめんなさい)

 

MY LITTLE HOMETOWN

今、上映中の『茅ヶ崎物語』の副題にもなっていて、彼が少年期を過ごした茅ヶ崎の歌だ。私も8歳までこの町にいた。

野球少年だったという歌なのだが、神輿の掛け声がバックに入る。映像にも祭りのシーンが出てくる。7月の浜降り祭だ。

私も子どもの頃には、この日だけは朝早く起きて、浜へ出かけていった。学校もお休みだった。若者たちが神輿を担いだまま威勢よく海に入っていくのを、遠くから見ていた。

 

あの日いた場所は

More, more, more 何処でしょう?

 

スローテンポになって最後の歌詞がせつなく問いかけてくると、

「もうどこにもないね……」と胸の中で答えながら、ちょっぴり泣けてくる。

 

 

「オアシスと果樹園」


恋はブルーの便箋ひとつ

言葉言葉に愛をしたためて

こんな男が今も君を想う

 

そういえば、その昔、エアメールといえば青くて薄い紙の便箋だった。

大学生のとき、ヨーロッパの旅の途中で知り合った日本人の男性がいた。私よりも九つ年上で、とても大人に見え、頼もしく感じた。私が帰国した後も、彼は仕事で旅を続けていた。その旅先から青い便箋が届く。

 

「浜辺では、波が寄せては返す奇跡を描いています」

 

今なら、違うダロー!と突っ込みを入れて笑い飛ばしていただろうか。

若かりし頃の私は、たったひと文字のミスが気に障り、「何が大人の魅力だか……」と、急に白けて、青い便箋も色あせて見えたのだった。

もうとっくに時効の、40年も昔の思い出でした。



 

ちなみに、おみやげにもらって帰ったのは三ツ矢サイダー。WOWOWの特番のCMでも流れましたが、来年はサザンオールスターズでの活動があるようですね。



See you in 2018!

ぜひ、来年もまた来たいです。



 

ぜひ、来年もまた着たいです。

 




copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki