自閉症児の母として(46):福山くんの「トモエ学園」を聴いて♪2017年12月30日




ちょうど1週間前の金曜日の夜、息子がテレビ朝日の「ミュージックステーション スーパーライブ2017」を見ていました。彼が毎週欠かさず見る番組の一つで、私のお気に入りのアーティストが出てくると、教えてくれるのです。

その夜は、福山くんで呼ばれました。歌うのは、「トモエ学園」という曲。黒柳徹子さんの自伝的ドラマ『トットちゃん!』の主題歌だとか。ドラマはちらりと見たことがありますが、曲は聞いたことがありません。

 

バイオリンのイントロで始まりました。

 

うれしいのに さみしくなる

たのしいのに かなしくなる

 

子どもの頃の学校を懐かしんで、感謝する気持ちが歌われていきます。

そして……

 

わたしたち 違うんだね

顔のかたち 心のかたち

 

歌詞を見ながら聞いているうちに、私は涙が出てきました。

息子たちの歌だ、と思ったのです。

自閉症に限らず、障害者すべての歌だと思えました。

 

  先生 友達 わたしの明日 作ってくれたの

  学び舎の日々 ありがとう

 

黒柳さんは、子どもの頃、今でいう学習障害だったそうです。

そんなトットちゃんを、じょうずに育んだ先生方は、息子がお世話になったすべての先生と重なります。

福山くんは、明るく楽しくというよりも、彼の精いっぱいの誠実さを込めて、バイオリンの演奏とともに、ろうろうと真面目に歌い上げていきます。

彼の歌は、力強くまっすぐに、息子たちを肯定しているように感じられました。

彼はミュージシャンとして、これまでより、ひとまわり大きくなったのではないでしょうか。

 

今年も、私の中にたくさんの歌を取り込んでは、人生の彩を感じてきました。

音楽は、心のビタミン。それがなかったら、心は干からびて体まで栄養失調になってしまいそう。

今年最後に、思いがけず、すばらしい歌と出会いました。

 

大晦日の紅白でも、彼はこの歌を歌ってくれます。

皆さまも、ぜひぜひお聴きくださいね。

そして、自閉症児の母の心にシンクロしてくださったら、うれしいかぎりです。


 

この一年、なかなか時間がとれず、気持ちの余裕もなく、思うように書けませんでした。書きたいことをずいぶん置き去りにしてきました。

そんな私のブログに、わざわざ読みに来てくださって、本当にどうもありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えください。




行ってきました、桑田くんのライブ「がらくた」in東京ドーム♪2017年11月16日

 



これ以上ないぐらいの青空がまぶしい秋の一日、行ってきました東京ドーム。

座席はスタンド1階の中ごろ。何と言っても広い広い野球場だから、遠くは霧にかすんでいるけれど、ま、しょうがない。



 

1曲目のイントロが始まった瞬間から、5万人のファンの歓声と拍手とリズムに乗った動きが炸裂する。少し懐かしい曲から、アルバムの新曲まで、期待どおりの演奏が、がんがん続いていく。

盛り上がったころ、入場のときに受け取った腕時計式のライトが、曲の始まりと同時に一斉に点灯。曲調によって色も変わり、カラフルに点滅したりもする。ドームの中は、5万個のライトのうねりが美しい。一人ひとりのハートがきらめいているかのようだ。気分は最高潮……。

桑田くんは、相変わらずおちゃらけたMCやギャグやコントで、時に爆笑、時に失笑を買う。彼のサービス精神旺盛な温かいキャラと、それに応えるファンのやさしさとがコラボする空間に、ああ、今夜ここに来られてよかった、としみじみ思う。

 

そして、彼の歌に酔いしれ、一緒に歌いながらも、心の中では、また別の思いが広がる曲がいくつもあった。

2曲だけ、ここに記しておきたい。(ネタバレごめんなさい)

 

MY LITTLE HOMETOWN

今、上映中の『茅ヶ崎物語』の副題にもなっていて、彼が少年期を過ごした茅ヶ崎の歌だ。私も8歳までこの町にいた。

野球少年だったという歌なのだが、神輿の掛け声がバックに入る。映像にも祭りのシーンが出てくる。7月の浜降り祭だ。

私も子どもの頃には、この日だけは朝早く起きて、浜へ出かけていった。学校もお休みだった。若者たちが神輿を担いだまま威勢よく海に入っていくのを、遠くから見ていた。

 

あの日いた場所は

More, more, more 何処でしょう?

 

スローテンポになって最後の歌詞がせつなく問いかけてくると、

「もうどこにもないね……」と胸の中で答えながら、ちょっぴり泣けてくる。

 

 

「オアシスと果樹園」


恋はブルーの便箋ひとつ

言葉言葉に愛をしたためて

こんな男が今も君を想う

 

そういえば、その昔、エアメールといえば青くて薄い紙の便箋だった。

大学生のとき、ヨーロッパの旅の途中で知り合った日本人の男性がいた。私よりも九つ年上で、とても大人に見え、頼もしく感じた。私が帰国した後も、彼は仕事で旅を続けていた。その旅先から青い便箋が届く。

 

「浜辺では、波が寄せては返す奇跡を描いています」

 

今なら、違うダロー!と突っ込みを入れて笑い飛ばしていただろうか。

若かりし頃の私は、たったひと文字のミスが気に障り、「何が大人の魅力だか……」と、急に白けて、青い便箋も色あせて見えたのだった。

もうとっくに時効の、40年も昔の思い出でした。



 

ちなみに、おみやげにもらって帰ったのは三ツ矢サイダー。WOWOWの特番のCMでも流れましたが、来年はサザンオールスターズでの活動があるようですね。



See you in 2018!

ぜひ、来年もまた来たいです。



 

ぜひ、来年もまた着たいです。

 




「がらくた」を聴いて♪2017年11月01日

 

10月は、公私にわたり、忙しくて目が回った。

そういう月は、たいてい月末に熱を出す。10月もそうだった。

夏には原因不明の発熱で不安だったけれど、今度は風邪の症状もあって、ちょっと安心。

ようやく治って、さて11月だ! しょぼくれてなんかいられない。

もうすぐ東京ドームが待っているのだ。



 

桑田佳祐とは、因縁のファンだと勝手に思っている。ブログにもさんざん書いてきたので、今日は割愛。

彼のソロ活動30年目を期して作られた渾身のアルバム、『がらくた』の話。すでに、このアルバムを引っさげて、全国ツアーが始まっている。

 

私はこの夏、リハビリ病院に入院する母のもとへ、週に一度は通った。往復4時間近く、中央高速と圏央道のドライブで、このアルバムを聴き続けた。ざっと計算しても、リピート30回は優に超えている。

その15曲の中で、初めて聴いた瞬間から、気に入った曲はいくつかある。でも、何度か聴いているうちに、最初の感動は薄れる。しかし、何度聴いても、そのたびに斬新な曲想に魂を揺さぶられる曲が、一つだけあった。

「簪/かんざし」である。

イントロからしてどうだ。ピアノのメロディラインは予想をかわしてくる。

あっという間に引きずり込まれてみれば、そこに広がっているのは、大正ロマンのような、昭和モダンのような、セピア色の男と女の危うい世界。

かと思うと、ジャズだとかブルースだとか、曲調も少しずつ変化して、アンニュイなムードに酔わされる。

そして、彼の表情豊かな声音(こわね)のなかでも、私の一番好きな色の声がおおいに突き刺さる。

さらに、脱帽なのは、その歌詞。

 

鉛色の空の下 うんざり晴れた世の中

 

このフレーズには、参ったなあ、と思った。

私も、こういう感覚のエッセイが書きたい。書いたら、うん、わかるわ、と言われてみたい。

ちなみにこの曲は、「真夏の果実」に勝るとも劣らない名曲だと私は持っているのだが、いかがなものであろうか。

 

他の曲だって、つまらない曲は一つもない。上質ながらくたたちだ。

けっして目新しくはないけれど、「大河の一滴」

私も若いころは、よく渋谷の駅のホームで待ち合わせをしたっけ。山手線だとか、ラケルだとか、歌詞のひと言ひと言で、瞬時にしてあのころの思い出が立ち上がる。その懐かしさを、アコーディオンの音色が逆なでしていく。

 

もう一曲、やはりアップテンポの「オアシスと果樹園」

JTBCMのために作られたそうだが、じつに旅ごころを刺激してくる。JTBさんもいい曲を作ってもらったものだ。

これも大好きで、聴きすぎたせいか、思わず国際航路を利用する旅の予定まで立ててしまった! 曲の効果絶大。でも、JTBは使わずに……。JTBさん、ゴメンナサイ。

 

以上は、音楽評論でも何でもない、私個人の感想。

さて、予習はこれでばっちり。12日の東京ドームに、がらくたたちに会いに行く。「オアシスと果樹園」のビデオの中で、彼が来ていたシャツと同じデザインのTシャツも用意してある。

あとは、風邪で痛めた喉をきちんと治しておこう。


 



 



ダイアリーエッセイ:神奈川県立音楽堂へ2016年01月30日


じつは1週間前の話で恐縮です。

 



123日、神奈川県立音楽堂で行われた「沖仁con渡辺香津美」のライブに行ってきました。

フラメンコとジャズ、それぞれのトップギタリストのデュオです。一人だけだってすばらしいのに、それが二人でセッションするのですから、なんと贅沢なパフォーマンスでしょうか。112ではなく、3にも4にも、無限に膨らむかのような演奏でした。


渡辺さんは、私と一つちがいのお年。だから、MCにも、演奏の中にも、昭和の香り懐かしい言葉や曲が飛び交うのです。トワイライトゾーンのテーマ、007のテーマ、スモーク・オン・ザ・ウォーター……。懐かしすぎて、ハートが引きつりそうでした!

 

そしてもうひとつ、大感激だったのは、この開館60年になる神奈川県立音楽堂は、私も50年近く前にステージに立ったことがあるのです。

当時中学生の3年間、吹奏楽部に所属して、フルートとピッコロを吹いていました。市内中学校の合同音楽会が、毎年このホールで開催されていたのでした。(現在も、このホールで開催されているそうです)

その頃、私はトランペットの先輩に片思いをして……。それは私の「公認」の初恋だったのです♡

まさか音楽堂が当時のままだとは思わなかった。びっくりポンです。

沖仁さんのMCによれば、このホールの音響は東洋一だとか。ちょっとうれしくなりました。

 

最後は二人がギターを弾きながら、客席まで降りてくるという大サービス!

ギターの音色って、とてもSEXYです。ハートがぴっかぴかになりました。今思い出しても、ドキドキ……。



 

    明日はこのCDが届く予定です。楽しみで、ドキドキ……。







サザンオールスターズの東京ドーム公演へ!2015年05月28日

忙しいとかなんとか言いながら、いやいや、忙しいからこそ、走りつづけるためには目の前にぶら下げておく人参が必要なんです。とかなんとか言い訳しながら、サザンのライブの切符をゲットし、おとといの夜、行ってきました。

半年前の年越しライブには、長男モトを連れていけなかったけれど、今回は一緒です。

サザンフリークになったのも、彼が歌った〈TSUNAMI〉がご縁だったのですから。

事前に送られてくるチケットに座席番号はなく、ゲートで初めて照合してもらうのですが……

な、な、なんと、広いドームの広いアリーナ席の前から15番目の席!!

ライブにはこれまで10回近く足を運んでいるけれど、こんなにステージ大接近はもちろん初めて。うれしくて気絶しそうでした。

が、一抹の不安は的中。ちびの私は、前の人たちが立てば、ほとんど見えなくなってしまう。結局はほとんど大きなスクリーンを見ていました。

それでも、爆音とともに炎が上がれば熱さを感じるし、頭上からは金銀のテープが舞い降りてくる。ほんのわずかな間でも、皆が着席すれば、ステージの人物も肉眼で見ることができます。やはり、迫力が違います。

まだ、ライブツアーは続くので、ネタバレはできないけど、一つだけ。

今回の「葡萄」という新しいアルバムには、〈Missing Persons〉という曲があります。

必ず最後は逆転勝利へ

……

Megumi, Come back home to me.

拉致被害者が早く帰国できるようにと、外交にはっぱをかけるロックです。

もちろん、このステージでも、パワフルに歌い上げていました。

いいぞ、桑田くん!

そして、最後には、ステージの向こう側から、全員で記念撮影。

私は写真の右側、鉄塔のそばに写っているはずです。

さてと、次の人参は何にしようかな……!





ダイアリーエッセイ:「花は咲く」を歌う2015年04月07日

次男は高校を卒業して2年になるのだが、母親の私は、今でも保護者会のコーラスグループに所属している。

週に一度、お腹の底から声を出すことが、私の唯一の健康法なので、そう簡単にはやめられない。

今日は、冷たい雨の降るなか、中学・高校の入学式が行われた。
生徒たちが退出した後、新入生の保護者に向けて、コーラスを披露する。

歌ったのは、東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」。

  真っ白な 雪道に 春風香る

  わたしは なつかしい

  あの街を 思い出す

  

     …………

    花は 花は 花は咲く

    いつか生まれる君に

    花は 花は 花は咲く

    わたしは何を残しただろう

私の大好きな歌だ。心を込めて歌うと、かならず涙が出る。

震災後に訪ねた東松島の変わり果てた姿や、被災地の人々の笑顔が浮かんでくるのだ。

だから、ステージの上では、まず音に集中する。

昨日までの暖かさで、この辺りの桜は散り急いでしまったのに、正門のそばの1本の木だけは、新入生を待ちわびていたかのように、まだきれいなままの枝を広げていた。

 




桑田くんは、やんちゃ坊主な弟みたいで2015年01月16日



サザンオールスターズの年越しライブで、桑田くん、紫綬褒章受章の報告態度が悪かった、などとさんざんやり玉に挙がったようですね。もっとも、賛否両論あって、あちこち物議を醸しているようです。

私はそのライブを客席で楽しみながら、きっと何かやってくれるだろうとは思っていました。でも、そこまでやっちゃっていいの、言っちゃっていいの、と心配になったのも事実です。

今日、謝罪のコメントを発表したのですから、とりあえずは一件落着。私も静観していようかと思ったけれど、やはり、悪ふざけの過ぎた弟をかばう姉のような気持ちになって、ひとこと言いたくなりました。

たしかに、せっかくいただいた紫綬褒章に対して、お行儀の悪いジョークだったかもしれません。

しかし、今回の受章は、彼のこれまでの音楽活動に対してのものです。ということは、彼の創りだす音楽のみならず、その生き方も人柄も、それを支持する多くのファンも、すべてひっくるめてご理解なさったうえでの人選ではなかったのでしょうか。

サザンが37年前、ランニングシャツにランニングパンツという姿で、唾を飛ばすように「勝手にシンドバッド」を歌ってデビューして以来、今日までずーっと、彼はエッチな歌を歌いつづけ、目を背けたくなるようなふざけたいでたちでステージに立ち、ときには美しいメロディーで観客を魅了し、ときには世の中を斜に見据えた反骨精神の歌詞を投げつけ、並外れた歌唱力でロックをさく裂させてきました。今回のライブでは首相本人を前にして衆議院解散を批判した替え歌を披露しました。

そしてなお、どんなときにも愛を歌い、やさしさを忘れないアーティストです。だからこそ、日本のトップミュージシャンとして走り続けていられるのでしょう。

ライブでの悪ふざけは、照れる気持ちを隠すための彼特有のやりかたです。

それらすべてが、彼にしか表現しえない大衆芸能的ミュージックの桑田ワールドだと思うのです。そのすべてが授章の対象となったのではありませんか。

立派な褒章をいただいたのだから、悪ふざけはやめて優等生になりなさい、というのでは、アーティスト桑田をやめなさい、というのと同じです。

おりしも今、世界中で「表現の自由」が叫ばれています。

子どものころから落ち着きのないやんちゃ坊主だった桑田くん、これからも変わらずにやんちゃなままでいていいですよ。

エリー姉さんが空の上から見守っていることでしょう。

下界のお姉さんたちだって、ずっとあなたの味方ですからね。

 



ダイアリーエッセイ:遅ればせのサザン年越しライブ報告2015年01月09日

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


暮れには、母が入院し、私がインフルエンザに倒れ、万事休すの日々でしたが、ジコチュー主婦に徹し、大みそかには復活して、予定どおりサザンオールスターズの年越しライブに行くことができました~



NHKの紅白歌合戦には、横浜アリーナからサプライズで登場。2階席にいた私も、きらめく光の一つとして、初出場を果たしましたよ。


 

「皇居に出向いた話」もありまして、本物かどうかはわかりませんが、紫綬褒章を持ち出して、桑田くん特有のギャグにしていました。これには賛否両論あるようです。

「ラブユー東京」の替え歌で「ラブユー紫綬褒章」を歌い、「紫綬、紫綬、みんな~の紫綬褒章~♪」というサビは、大いに会場が湧きました!

 

デビュー曲の「勝手にシンドバッド」の途中から年越しのカウントダウンが始まって、ノリノリのうちに新年を迎えました。 

天井からたくさんの風船が下りてきて……


会場みんなで「一月一日」の歌を大合唱♪♫~

最後の曲は、「Oh! クラウディア」。涙を誘われて感極まったところで、深夜1時ごろ、おひらきとなりました。

 

浮き立つハートのまま、終夜運転の市営地下鉄に乗って、途中まで帰ってきたものの、そこから先の私鉄の上りは、4時まで待たないと始発が出ないというのです。一緒に誘ってくれた友人は、最終の下り電車が間に合い、帰っていきました。

しかたなく独りタクシー乗り場に並びました。すでに長い列……。20台は待つことになりそうです。それでも、次々と来るだろうと、高をくくっていました。

が、予想に反し、タクシーは来ない。30分たっても、列は半分にも減ってくれない。ときおり冷たーい北風が吹き、雨の予報だったにもかかわらず、頭上には星空が。じっと待っていると、体の芯から震えてきます。

家で寝ている娘のことが脳裏をかすめます。車なら、自宅からは15分ほど。とはいえ、さすがにこの真夜中に娘を呼び出すことはできません。

もうちょっとでタクシーに乗れる。大丈夫、きっと待てる……。

そこでこらえきれずに、このライブのために用意したグッズを取り出しました。羊の顔のフードが付いたケープです。


今回のライブのタイトルは「羊だよ、全員集合!」。そこで、羊のスタイルで参戦したのです。ちょっと恥ずかしすぎて、オバサンが着ている姿はお目にかけられませんが……。

この顔の部分は折りたたんで、ダウンコートの上からショールのように巻きつけて、寒さをしのぎました。

真冬の夜空の下、待つこと1時間20分。羊がいなかったら、本当に遭難していたかもしれません。

 

翌朝、娘にその話をすると、「電話してくれたら行ってあげたのに」とあっさり言われました。なあんだ、頼ればよかった。

そうそう、「情けは人のためならず」ですものね。

 

今年も、皆に甘え、皆に支えてもらって、やっていきましょう。

元旦夜明け前の教訓でした。


 

 

 


PRIDE2014年05月23日

長いこと彼らのファンだった。長男が生まれたころから、車の運転中はいつも彼らの曲をかけていた。

 

12年前に書いた「恋の歌」というエッセイの一節である。

彼らというのは、ほかでもない CHAGE&ASKA

今でも、同じ思いだ。

 

なんといってもASKAが好きだった。

その声も、作り出す歌も、クリーンでまっすぐな人間性も。

 

私のエッセイは、さらに続く。

 

長男は、3歳のときに自閉症と診断された。まだ生後2ヵ月の長女も連れて、療育施設へ通い始める。その往復にも彼らの歌を聞き続けた。意味のある言葉に慰められるというよりも、ビートの効いたロックや恋のバラードで魂を揺さぶられ、そこに生じるエネルギーで日々の子育てを乗り切っていたような気がする。

 

あの苦しかった時代に、私の大きな支えだったのだ。

 

いつか生のステージを見てみたい。行くなら息子と二人で。そう心に決めていた。

 

息子が15歳になったとき、その夢がかなった。彼らをまねて、二人とも黒ずくめのいでたちで、横浜アリーナのコンサートへ、腕を組んで出かけた。

 

懐かしの曲も、最近のお気に入りも、いっしょに歌い、ハートが熱くなる。そして、甘くやさしいありふれた恋の歌が始まったとき、ふと思った。

息子は、本当なら好きな女の子でも連れて、恋の歌を聞きに来るんだろうに……。いつまでもこの母親といっしょなのだろうか。いつまで私はこの子の恋人代わりでいられるのだろうか……。

不覚にもぽろりと涙がこぼれた。

 

この数年前にも、「プライド」というエッセイを書いている。

 

だれかが歌っている。眠りの底のわずかな意識でそれを聞いていた。

 

  伝えられない事ばかりが

  悲しみの顔で 駆けぬけてく

 

だれだろう……。ああ、息子の声だ、隣の部屋の……。一人でじょうずに歌ってる……。

 

  心の鍵を壊されても

  失くせないものがある

  プライド

 

チャゲ&飛鳥の「プライド」だ。こんなにいい歌だったなんて、今まで思わなかった。母親が運転中にかけるCDの曲を、息子は歌詞カード片手に聴いて、暗記してしまうらしい。午前6時まであと少し、ベッドの中で息子の独唱に聞き入っていた。彼がまだ小学校1年生のときのことだ。

 

自閉症の息子は、難しい歌詞を覚えてしまうほどの能力がありながら、言葉を使ってコミュニケーションをとるという社会性が育たない。

エッセイはさらに、小学校5年生のときのエピソードがつづられる。2泊の自然教室に参加したのだが、学校側の配慮で、女性の先生方の部屋に寝かせてもらった。

 

11時には寝てました。でも、起きたのは3時半。カーテンをぜんぶ開けて、『自然教室終了まで、あと36時間30分!』ってアナウンスするんです」

 先生が、もうちょっと寝てようね、と言うと、はーい、と布団を被るのだが、しばらくするとまたがばと起き出してカーテンを開けて「終了まで○時間×分」の繰り返し……。

 もうしわけなくて言葉もなかった。

 息子の障害は、相手の心が見えないところにある。目の不自由な人が触覚や聴覚を頼りに歩いていくように、息子も、手探りの体験を通して、人の心がわかる術を少しずつ覚えていかなければならない。

 でも、何より大切なのは自分の心。見失うことなく、プライドを持って生きてほしい。

「プライド」を聞くたび、凛とした気持ちで息子の将来に目を向ける勇気が湧いてくる。

 

やがて息子は立派に成長し、プライドを持って働けるようになった。

たくさんの人々、たくさんの歌に支えられて、がんばってきたのに……。

 

勇気をくれたはずのASKAは、いつのまに、プライドを失くしていたのだろう。

 


「ピースとハイライト」2013年08月15日


去る11日、サザンオールスターズのライブに行ってきました。
5年ぶりに活動を再開した新曲は、「ピースとハイライト」。近隣の国々との摩擦を憂いたメッセージソングです。



今日は、終戦記念日。
ブログの書き出しは「ピースとハイライト」の歌でいこう、と考えていたのですが……

先を越されてしまいました。
いえ、競う相手ではありません。
朝日新聞の本日の社説「戦後68年と近隣外交―内向き思考を抜け出そう」の冒頭が、まさにサザンのこの歌でした。
http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=com_top_pickup
わかりやすい解説です。読んでみてください。

今、唯一の被爆国であり、戦争放棄をうたう日本という国が、その根本から変えられようとしています。
日本はどんな国家を目指していこうとしているのでしょうか。
憲法を改正してまで本当に軍事力が必要なのでしょうか。
平和外交だけでは日本の国益は守れないのでしょうか。
この先も平和を守っていくためには、たくさんの課題があります。
私たち、一人ひとりが考えていかなくてはなりません。政治家に任せていたら、取り返しのつかないことになりかねない。

いつまでも、好きなことを楽しんでいたい。
子どもたちも、そうであってほしい。戦争に行かせるつもりはありません。

ライブ会場の日産スタジアムには、7万人のファンが集い、サザンと一緒に歌い続けました。
平和をかみしめた暑い熱い夜でした。



日本ブログ村のランキングに参加しています。
ぽちっとクリック
をお願いいたします。
いつもどうもありがとうございます。


copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki