ダイアリーエッセイ:映画「シンデレラ」2015年05月05日


珍しくどこへも行かないゴールデンウィーク、今日だけは長男と映画へ。

彼の好きなディズニー映画の最新作「シンデレラ」を見てきた。

ディズニーの映画だけは、たとえ子供向きのアニメでも実写でも、丁寧に作られているから、私も安心して一緒に楽しめる。

舞踏会の夜、魔法使いの魔法で、かぼちゃが馬車に変身していくシーンも、

キラキラと光る青いドレスで王子と見事なダンスをするシーンも、

12時の鐘の音とともに、御者がアヒルに戻っていく悲しいシーンも、

何もかも忘れて、ドキドキはらはら、そしてうっとり……。

思いおこせば、私が小学生のころ、金曜日の8時から「ディズニーランド」という番組があって、わが家の白黒テレビで楽しみに見ていた。

このディズニーランドには、「未来の国」「おとぎの国」「冒険の国」「開拓の国」の四つがあり、毎週そのうちの一つが紹介される。だぼだぼの背広を着たおひげのウォルト・ディズニーさんが案内役で現れて、

「今日は、おとぎの国へ……」

と言ってくれる日が一番うれしかった。

何を見ていたのか、ちっとも覚えてはいないのだけれど、小さなモノクロ画面の中でも、外国のキラキラした夢の世界が、子どもの私の心を十分満たしてくれていたのだろう。

私はこのころから夢見る少女だったらしい。よく、広告の裏に、お姫様の絵を描き、プレゼントにねだるのは、ピカピカキラキラのアクセサリーだったっけ。

劇場には、そのころの私と同じ女の子たちがいっぱい。ポップコーンの匂いが満ちている。

あなたたちも、シンデレラにあこがれるのかしら……?

 

人生の振り出しに戻ってきたロクマルの年、その「こどもの日」に、たまたま見た映画で、私は童心に返っている。

そのことに気がつくと、胸がいっぱいになって、涙がこみあげてきた。





コメント

_ mami ― 2015/05/05 22:27

素敵な映画でしたね(^o^)
うっとりしたり涙ぐんだりしましたが、どんなに幸せな家庭でも、一寸先は闇?と感じた私はひねくれ者(^。^;)?
シンデレラも王子も決して幸せルンルンな人生ではなかったですね。
勇気と優しさを持てば自分の人生を勝ち取れという教訓だと思いました~!幸せを与えて貰いたいと他力本願だったお父さんは残念でした。個人的な感想ですので、石渡さんだけ読んで下さればと思ってこちらに投稿します!

_ hitomi ― 2015/05/05 22:51

mamiさん、
本当に、エラの人生、一寸先は闇でした!
そして、アナ雪もそうでしたが、女性も自分を見失わずに自立をうながすような教訓的な印象が強いですね。エラも意中の王子と結婚はしましたが、二人で国を治めるために生きていくという前向きな話です。
オバサンには今さら教訓でもないので、うっとりと現実逃避のひと時を楽しみました。

_ SACHI ― 2015/05/16 21:55

hitomiさま 55年くらい前にも DISNYのシンデレラの映画がありましたが、今回のはもっと素敵そうですね。うっとりしに行こうかしら、人生いろいろですが、今日某大学 OBの男声コーラスの演奏会にいきました。ロクマルどころか、ハチマルをはるかに過ぎた昔の学生指揮者が指揮をし仲間が幸せそのもののように集中してうたっていました。いろいろあっても今ここに到達した人々は幸せだな、と勝手に思いつつ、仲間とワインで乾杯し、帰途につきました。

_ hitomi ― 2015/05/17 09:03

SACHIさま、
昔からのお仲間とともに、満ち足りたひと時を過ごされたのですね。
ナナマルになっても、ハチマルになっても、いつまでもシンデレラにうっとりとし、仲間と集い歌う幸せをかみしめていたいものですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2015/05/05/7627775/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2015 hitomi kawasaki