ダイアリーエッセイ:「山の日」に2016年08月12日

 

写真は、20141月に、富士山をバックに家族そろって撮ったものです。

一日遅れになりましたが、「山の日」の大事なご報告です。

 



娘が「山の日」に入籍しました。

今年から新しく始まる祝日が、新しい夫婦にはふさわしい。

そして、毎年仕事が休みだから、忘れずに祝うことができる。

そんな理由で、入籍の日に決めたそうです。

 

そもそも、初めて娘から彼氏の存在を聞かされたのは、一年前の夏、独り暮らしを始めるという引っ越しのさなかでした。母親の勘で、なんとなくそんな気がしていました。引っ越しのどさくさに紛れるように告白されて、やっぱりね、と思ったものです。

そして、今年になって、彼氏からもきちんと「ご挨拶」の言葉を聞きました。

 

ところが、平成生まれのふたりは、仲人も結納も釣書も、言葉さえ知らないというのですから、びっくり。

結婚という人生の一大イベントの段取りも、昭和の世代とは隔世の感あり。

同棲(これも死語ですね)⇒入籍⇒家族顔合わせ⇒挙式⇒新婚旅行は未定、

というのですから、その「順不同」ぶりに、またまたびっくり。

私がショックを受けたことさえ、娘にはショックだったようですが、ふたりがよく話し合って決めたことに反対はできません。平成生まれには親の世代とは違った新しい常識があって当然です。親の価値観を押し付けたところで、娘たちの将来の幸せは、ふたりで築いていくものです。

 

娘は、すでに高校生のときに、わが家から同じマンションの4軒離れた母の所で寝泊りするようになりました。そして、昨年の独り暮らしへの旅立ち。

思えば、なんと上手に少しずつ親元から離れていってしまったことでしょう。娘のやさしさだったのかもしれません。

「お父さん、お母さん、27年間お世話になりました」と三つ指ついて挨拶することもなく……。あ、これは私でさえしませんでしたけど。

 

私も、27歳のときに、M君と、某月11日に結婚しました。

娘も、同じ27歳で、M君と、11日に結婚したのです。

きっと幸せになれるでしょう!

 

先月には、5人家族最後の旅行をしてきました。楽しい思い出が残りました。

そして、「山の日」には、娘のいない4人家族で、山ではなく、海へ行っていました。寂しさを紛らわせたかったのかもしれません。

でも、娘がわが家から出ていくのではなく、新しい家族を連れて来てくれるのだ、と思うことにしました。

 

「サエ、結婚おめでとう。末永く幸せになってね」

 

 



コメント

_ 起代美 ― 2016/08/13 14:39

お嬢さんの御結婚おめでとうございます!
FBを斜め読みしていたので、エッ!と目がとまりました。
即エッセイを拝読。そーなのね と興味深く読めました(^^)
お嬢さんと似たような年齢の娘はデジタルマーケティング部署で仕事を続けてますが、例の EU離脱により事情が変わってしまった中で ^^;気を入れ替えて、目標に向かってひたすら勉強中です。

_ hitomi ― 2016/08/14 10:37

起代美さま
コメントありがとうございます!
お宅も二人とも立派な社会人として大活躍のようですね。
Time flies!
娘はデリバティブ営業部とか、私にはよくわからない部署で毎日数台のパソコン画面を見つめているらしいです。仕事を続けてくれるのを願っていますが、今後、どうなることやら……。見守るだけです。

_ yahiro nk ― 2016/09/17 22:14

ツバメchanの💒でブログを久々に拝見しました! おめでとうございます。 皆んなもうそんな歳回りなんですね。 未社会人の娘を持っている人生の時計がひどく遅いです・・・笑 またいつかJGの会があれば誘って下さい。

_ hitomi ― 2016/09/18 11:52

yahiroさま
どうもありがとうございます。
あれよあれよという間に、とっとと出ていってしまいました。寂しいものです。
またぜひJGママ友集会しましょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hitomis-essay.asablo.jp/blog/2016/08/12/8151048/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

copyright © 2011-2021 hitomi kawasaki